ノリスがプログラムを継続

マクラーレンのランド・ノリス【バルセロナテスト、2020年2月20日(McLaren)】


20日(木)、マクラーレンのランド・ノリスがプレシーズンのテストプログラムに取り組み、137周を走破して10番手タイムを記録した。

ランド・ノリス

「いい1日だったよ。137周を走れたし、やりたかったことはほぼすべてできた。マシンの感触はいい感じで、ハンドリングに関しては昨年とそれほど変わらないから、それはいいことだと思っている。プログラムを通して、僕もチームもかなりたくさんのことを学んでいるし、明日や来週に向けて良いスタートになった。改善すべきエリアがあるのは分かっているけど、全体としては生産的な1日になったし、それが大事だと思っている」

ジェームス・キー(テクニカルディレクター)

「今日はランドが137周を走破し、再び生産的な時間を過ごせた。今朝は特定の空力測定からスタートしており、マシンの空気の流れに関して適切な概観を与えてくれるはずだ。その後、新しいパーツを含むテストアイテムのプログラムに移行した。午後にはメカニカルセットアップの作業や信頼性のテストに励みながら、ロングランも走っている。昨日、カルロスと学んだことに加えて、マシンの理解をさらに深められるよう、基本的なセットアップ作業も完了した。明日は両ドライバーとともにプログラムを継続し、いくつか新しいコンポーネントを試しながら、この2日間で学んだ方向性に進んでいくつもりだ」

【C】