ベッテル、走行最終日に145周を走破

フェラーリのセバスチャン・ベッテル【バルセロナテスト、2020年2月27日(Scuderia Ferrari)】
フェラーリのセバスチャン・ベッテル【バルセロナテスト、2020年2月27日(Scuderia Ferrari)】

27日(木)、セバスチャン・ベッテルはトラブルフリーで完了したレースシミュレーションを含む145周を走り込んでプレシーズンテストの走行を終了した。

セバスチャン・ベッテル

「走り込んだ周回数という点では良い1日だったし、自分たちで用意していたプログラムを完了できたことも良かった。それでも、今日のタイムに意味があるとは思っていないし、これまで過ごしてきたプレシーズンテストの5日間で今日の路面コンディションが一番悪かったのは間違いない。夜通し降った雨でこれまで乗せてきたラバーがすべて洗い流されてしまったし、それに加えて朝早くから風が強く、ドライブするのがさらに難しくなった。いい仕事はできたと思っているし、ラップタイムのことはあまり考えず、基本的には自分たちのやるべき作業に集中した。メルボルンまではっきりしたことは分からないけど、メルボルンに行っても、コースがかなり特殊だからあまり分からないかもしれないね。全体として、テストの出来には満足している」

【C】