レースシミュレーションを完了したハースF1

ハースF1のケビン・マグヌッセン【バルセロナテスト、2020年2月27日(Haas F1 Team)】
ハースF1のケビン・マグヌッセン【バルセロナテスト、2020年2月27日(Haas F1 Team)】

プレシーズンテスト残り2日となった27日(木)、ハースF1はカタロニア・サーキットでケビン・マグヌッセンとともに開発プログラムに取り組んだ。

ケビン・マグヌッセン

「全体としてとてもポジティブな1日だった。インストレーションラップを走っただけで、路面が乾くまで、ウエットコンディションではまったく走らないことにしたから、今日のスタートは少し遅れたけど、最終的にはレースシミュレーションを走りきれたし、オーストラリアに向かうまでに完了できたのは良かったと思う。レース距離を通してマシンがどうなっていくのか、その感触を初めて味わうときはいつだって興味深い。今日はそれを初めて体験できたし、とてもポジティブだった。明日もがんばって作業して、オーストラリアに向かう」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「今日は特にエキサイティングなこともなく、いたって普通のテスト日だったので、平穏無事だったと言えよう。天候の影響で出だしは少し遅れたが、それは他の全員にとっても同じだ。今日はレースシミュレーションを完了しており、スタートの遅延で苦戦するかとも思っていたが、やり遂げられた。作業リストに載っていたやりたい作業のひとつだったので、うまくいってよかった。あと1日だ」

【C】