2週間のテスト作業を完了したメルセデス

メルセデスのバルテリ・ボッタス【バルセロナテスト、2020年2月27日(Mercedes-AMG Petronas Formula One Team)】
メルセデスのバルテリ・ボッタス【バルセロナテスト、2020年2月27日(Mercedes-AMG Petronas Formula One Team)】

28日(金)、メルセデスはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスとともにプログラムを進め、カタロニア・サーキットで実施された最後のプレシーズンテストを締めくくった。

ルイス・ハミルトン

「テスト完了だ! この2週間は本当にあっという間だった。かなり集中的だったし、コースの現場でも拠点のファクトリーでもみんなが本当にたくさんの仕事に取り組んできた。マシンの感触は昨年から前進しているけど、メルボルンまでに対応すべきいくつかの問題があるのは間違いない。僕はチームを心から信頼しているし、オーストラリアにいい形で乗り込めるようにみんながベストを尽くしてくれることも分かっている。新シーズンの開幕はもうすぐだ。あと2週間でレースに挑む。待ちきれないよ」

バルテリ・ボッタス

「今年のプレシーズンテストもこれでおしまい。いくつか小さな問題があって少しマイレージを逃してしまったけど、それだけで、ほとんどは生かせたから満足していいと思う。マシンにはすでに好感触だし、ロングランやショートラン、スタート練習など、いい感じにまとめていくチャンスを得られたのは良かった。ほとんどのエリアで前進できたと感じているし、良いテストだったと思う。いつも通り、自分たちのパフォーマンスに集中していく。テストで学んだことを発揮するためにも、初戦に向けてここからは重要な2週間になる」

ジェームス・アリソン(テクニカルディレクター)

「コース上で過ごす最後の1日をタイムシートのトップでテストを締めくくり、集中的な2週間を終えられたことはうれしい。今日は特に問題なくプログラムを進められたし、一発の走行用にタイヤを準備する最適な方法を見いだす作業に時間を使った。マシンは冬季テストを通してとても力強く、ポテンシャルを引き出す上でわれわれにとってはワクワクする時間だった。シーズン開幕時にわれわれが思う標準に仕上げるためにも、信頼性に関してはまだやるべきことがあるのも明白だ。それでも、それができれば、メルボルンでいい走りを披露する十分なチャンスがあると思っている」