アルファロメオ・レーシングがC41を初披露

アルファロメオ・レーシングの新車C41【2021年2月22日(Alfa Romeo Racing)】


22日(月)、チームのタイトルスポンサー『ORLEN(オーレン)』の拠点が置かれているポーランドのワルシャワでアルファロメオ・レーシングの新車C41がお披露目された。

ピアノの生演奏にのせた優雅なダンサーのパフォーマンスによって幕を開けた新車発表会で初めて姿を現した新車は、引き続きチームカラーである白と赤を基調としている。

レギュレーションの制約によって昨年型のコンポーネントの多くが継承される中、チームはノーズコーン周辺の開発に力を入れたという。新車発表の模様は『Youtube(ユーチューブ)』で世界のファンに向けてライブ配信された。

チーム代表であるフレデリック・バッサーは「新車の発表はいつも感動的な瞬間で、ファクトリーで働くすべての人たちの数カ月の努力の集大成であり、新しい冒険の始まりだ」と語った。

「明日は今日よりも良い仕事をしなければならない、というチームの基本理念は変わっていない。昨シーズンは8位で終えたから、2021年はもっと良い結果を目標にしなければならない。そのためには、トラックサイドとファクトリーの各部門で改善を続けなければいけない。冬の間に良い仕事をして、最初のレースで良い位置にいることをグリッドのすべてのチームがとても高く期待しているが、すぐに全員が自分のカードを見せる時が来るだろう」

また、テクニカルディレクターのヤン・モンショーは次のように話している。

「C41はレギュレーションの関係で今年の新車を完全に開発できないという、F1では非常に異例の事態が発生した結果だ。そのため、2021年モデルはC39との共通部分が多く、規制で変更せざるフロアや、2つの開発トークンを投入したノーズコーンが例外となっている。マシンについてのことは例年以上によく分かっているから、テストでは3日間を有効に使って、マシンが期待通りかどうかを確認し、新しいタイヤを知ることが重要になる。新シーズンに向けての準備はできているし、新しいマシンをコース上で見るのが待ち遠しい」

【K/A】