ガスリーと角田の駆るアルファタウリAT02が華やかにデビュー

アルファ・タウリの2021年型マシンAT02【2021年2月19日(Scuderia AlphaTauri / Red Bull Content Pool)】
アルファ・タウリの2021年型マシンAT02【2021年2月19日(Scuderia AlphaTauri / Red Bull Content Pool)】

アルファタウリが2021年型の新車AT02の新しいカラーをオーストリア、ザルツブルクのショールームで公開した。

2019年までトロ・ロッソの名前で呼ばれていたイタリアを拠点とするチームは、2020年からレッドブルのプレミアムファッションブランドであるアルファタウリの名前の下でF1を戦っている。2代目のマシンとなるAT02は一新されたマットブルーとホワイトのデザインとなった。

ドライバーを務めるのは昨年のイタリアGPでドラマチックなキャリア初勝利を飾ったフランス人ドライバーのピエール・ガスリーと、20歳の日本人ドライバー、角田裕毅だ。角田は2020年のFIA F2選手権をランキング3位で終えての昇格となる。

チーム代表のフランツ・トストは「2021年にピエールと裕毅を選ぶという決断は、スクーデリア・アルファタウリの哲学が、今もレッドブル・ジュニア・プログラムの有望な若手ドライバーにF1へのステップアップの機会を与え、彼らを育成することを基本にしているからだ。それゆえに、裕毅がチャンスを手にした」と説明する。「裕毅のそばにピエールがいるということは、日本人ルーキーの早期成長を助けられる経験豊富なドライバーがいるということであり、それと同時にわれわれが好結果を狙うことも可能になる。このペアはわれわれが両方のターゲットを達成するためのベストなシナリオだと私は考えており、必ずや成功するという自信もある」

チームは昨年のコンストラクターズ選手権を7位で終えており、2021年は中団グループのトップに立つことを目指すとしている。エンジンサプライヤーのHondaは今季限りでの撤退を発表しているが、15日(月)、2022年以降もレッドブルが新会社『Red Bull Powertrains Limited(レッドブル・パワートレイン・リミテッド)』を立ち上げて2チームがHondaのパワーユニット技術を使用し続けることが発表された。

前身のトロ・ロッソでデビューし、F1で5年目のシーズンを迎えるガスリーは「チームリーダーの役目を引き受ける準備はできているよ。裕毅はすごく速いドライバーだから、僕たちがチームを前進させるのを手伝ってくれるだろう。僕たちはその目標を達成するために力を合わせて仕事に取り組んでいく」と語る。「昨年は開発面、パフォーマンスとレース週末のマネジメントに関しても、今までで最もチームがうまく機能した年だったと思っている。僕はいつでももっと多くを欲してハングリーだ。僕たちはきっと2021年に素晴らしいことをいくつも達成できるよ」とコメントした。

一方、プレシーズンテストが1度しかない今年、角田は旧型のマシンを使って複数回のテストの機会を与えられている。「幸運なことに、シーズン前にスクーデリア・アルファタウリと一緒に過ごす時間を与えてもらえたので、とても優秀なドライバーであるピエールを含めたみんなと、すでに強い関係を築きつつ、多くのことを学んでいます」と述べた角田は、今季の目標について「僕の一番のゴールは、素早く学び、できるだけ早く結果を残すことです。スタートをとても楽しみにしています」と語っている。

ファッションブランドらしく、マシンのカラーリングとともにアルファタウリの2021年秋/冬コレクションのキービジュアルがお披露目されており、2人のドライバーたちもグリッド以外で身につける装いを選ぶ機会が与えられたという。

【M】