点火完了のアルピーヌ、3月2日に新車A521を公開

アルピーヌの2021年暫定マシンカラーリング【2021年1月14日(Alpine)】
アルピーヌの2021年暫定マシンカラーリング【2021年1月14日(Alpine)】

アルピーヌとして新たに活動を始めた元ルノーF1チームがエンジン始動の音とともに、3月2日(火)に2021年の新車発表を行うことを発表した。

昨年まで代表を務めていたシリル・アビテブールが去り、ローラン・ロッシがアルピーヌのCEOに任命されている。また、レーシングディレクターとしてMotoGPのチーム・スズキ・エクスターで昨年までチームマネジャーを務めていたダビデ・ブリビオが加入した。“A521”と名付けられたマシンをドライブするのは2年のブランクを経てF1に復帰するフェルナンド・アロンソとフランス人ドライバーのエステバン・オコンだ。

アロンソは2018年シーズンでいったんF1活動を休止していたが、2005年と2006年にタイトルを獲得し、2008年と2009年にも在籍していたエンストンのチームに戻ってくることになった。しかし、11日(木)にサイクリング中に交通事故に遭って上顎を骨折したとの知らせが飛び込んだ。手術を終えて退院し、現在は療養中だ。今のところテストや開幕に影響はないとみられている。

「2021年の発進に向けて点火完了。3月2日にはバーチャルでご一緒に!」

【M】