マクラーレンが新車MCL35Mをお披露目

【マクラーレン・テクノロジー・センター/イギリス、2021年2月15日(McLaren)】
【マクラーレン・テクノロジー・センター/イギリス、2021年2月15日(McLaren)】

15日(月)、マクラーレンがライバルチームに先駆けて2021年シーズンを戦う新車をお披露目した。

日本時間16日(火)午前4時からオンラインでライブ配信された新車発表会には、今季のレースドライバーを務めるランド・ノリスとダニエル・リカルドがそろって参加し、イギリスのマクラーレン・テクノロジー・センター(MTC)で2021年型マシンであるMCL35Mを初披露。

今季のマクラーレンはドライバーラインアップの変更のみならず、パワーユニットの供給元も変わった。2020年をもってルノーとのパートナーシップを解消したマクラーレンは、今年からV6ターボエンジン時代を支配するメルセデスのエンジンを搭載する。2020年型マシンの進化型というMCL35Mに載せられるのはメルセデス・ハイパフォーマンス・パワートレインズ製のメルセデスAMG M12Eパフォーマンスだ。

昨季は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行の影響から、さまざまな制限が設けられた中で、ノリスとカルロス・サインツ(現フェラーリ)がそれぞれ1回の表彰台をマークするなど、混戦を極めた中団グループでも安定して得点を重ね、最終的にはチャンピオンシップ3位でシーズンを締めくくった。当初、2021年に予定されていたテクニカルレギュレーションの改定もパンデミックの影響を鑑みて延期が決まり、今年は規約に大きな変更がないことから再び接戦のシーズンが予想されている。

テクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは「2020年から相対的に安定したテクニカルレギュレーションであるとはいえ、今回のルールにも適切に対応すべき複数の重大な空力面の変更がある。こういったレギュレーションの変更はすべてがチャンスになる。ウォーキングのチームは今の難しい環境の中、それらの機会を最大化するために本当に必死に取り組んできた」と話し、こう続けている。

「MCL35Mをデザインする上で重要な要素のひとつがメルセデスAMGのパワーユニットを搭載すること。ウォーキングのチームが相当の努力を講じてくれており、メルセデスの仲間たちも必死にがんばってくれた。ホモロゲートされたマシンへの導入は範囲が限定されているものの、デザイン作業の最適化においては本当に素晴らしい仕事を果たせたと思っている」

「F1マシンの製造は決して容易ではない。世界最速かつ技術的には最も複雑なものである上に、COVID-19のパンデミックによってその困難は悪化しかしていない。この1年、ファクトリーの部隊は従業員の安全を守ることを目的とした非常に厳格な検査と作業手順に従い、信じられないほどの制限の中で働いてきた。その彼らという素晴らしい集団がこのチャレンジに立ち向かい、可能な限り最高のパッケージを開発したことを心から誇りに思っている」

さらに、マクラーレンを率いるザク・ブラウンは次のように述べている。

「厳しいながらも報いのあった2020年シーズンを終え、われわれはグリッド前方を目指し続けながら今季に向けて決然とリセットボタンを押した。さらに厳しいシーズンになるだろうが、挑戦に立ち向かう準備はできている。このスポーツの利益のために懸命に働き続け、世界中のファンにエキサイティングなレースを届けようと努力しているF1、FIA、そして仲間のチームたちに敬意を表したい」

「F1シーズンの開幕に向けて備える中、ランドとダニエルと共に2021年のチームを立ち上げることに興奮を覚える。今季のわれわれはコース上の恐るべきレーサーという意味でも、コース外での素晴らしい人柄という点でも、信じられないほどエキサイティングなドライバーラインアップを擁している。ランドは天性の速さがある知的なレーサーであり、刺激的な軌跡をたどってきた。ダニエルは何度もグランプリ優勝を経験しており、レーサーとしての鋭いエッジと比類ない才能を有している」

2021年でF1参戦54年目を数えるマクラーレンは40社以上のグローバル企業とパートナーシップを結んで新シーズンに挑むことになっており、ブラウンは「このチームにとって必要不可欠な存在である献身的で貴重なパートナーがそろった素晴らしい一団とともに今季に挑む。2020年はマクラーレン・レーシングのみならず、われわれの多くのパートナーにとっても大きな挑戦だったため、彼らのサポートを引き続き受けられることはパートナーたちの本質の証であり、われわれが共に歩んできた旅路の中で形成した関係性を表している」と語り、パートナーらに感謝の意を表した。

MCL35Mのカラーリングは2020年から若干の進化を遂げているものの、象徴的なマクラーレンパパイヤオレンジとブルーは継続されている。ファン人気の高いこの配色は1960年代にチームの創設者であるブルース・マクラーレンがステアリングを握ったときのカラーリングだ。

「サーキットに熱狂的なファンたちがいない状態は非常に寂しく感じており、安全に実現できるようになって再び彼らと合流できるタイミングを待ち遠しく思っている。いつも通り、われわれは素晴らしいショーを展開し、とてつもなく素晴らしいファンのために可能な限り最高のリザルトを達成するとの熱意をもってすべてのグランプリ週末に赴く」

「私は自分たちのチームを、そして、これまで共に遂げてきた成長を誇りに思っている。まだ先は長いが、チームには素晴らしい活気がもたらされており、共に旅する中でわれわれはより強力なコンペティターになっていくだろう」

<マクラーレンの新車発表会の模様>

【C】