2021年F1世界選手権:主要日程

レーススタート【サヒールGP/サヒール、2020年12月6日(Mercedes-AMG Petronas Formula One Team)】
レーススタート【サヒールGP/サヒール、2020年12月6日(Mercedes-AMG Petronas Formula One Team)】

2021年2月14日更新


2021年のF1シーズンは過去最多の全23戦を予定している。しかし、昨年から世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、早くも開幕戦の場所と日程の変更が決まった。それでも、2020年の経験から確立したさまざまな対策を徹底し、F1は安全にレースを開催していくとしている。

2021年のF1主要日程は以下の通り。

【新車発表】
2月15日(月):マクラーレン
2月19日(金):アルファタウリ
2月22日(月):アルファロメオ・レーシング
2月23日(火):レッドブル
2月26日(金):フェラーリ
3月2日(火):メルセデス
3月2日(火):アルピーヌ
3月3日(水):アストンマーティン
3月4日(木):ハースF1
3月5日(金):ウィリアムズ
3月10日(水):フェラーリ

【プレシーズンテスト】
プレシーズンテストは1回限りとなり、会場はシルクイート・デ・バルセロナ・カタルーニャからバーレーン・インターナショナル・サーキットに変更された。

第1回バーレーンテスト:3月12日(金)から14日(日)

【2020年F1カレンダー】
当初は3月にメルボルンで新シーズンの幕開けとなる予定だったが、各国政府が定める渡航制限を受けてアルバート・パーク・サーキットでの一戦は11月に延期され、1週間遅れの3月28日(日)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで開幕することになった。

スケジュール面の変更としては、これまで90分間だった初日のフリー走行1回目と2回目がそれぞれ60分間に短縮される。つまり、土曜日も含めて3回のフリー走行全てが60分になった。また、レース開始時刻はここ数年、テレビ放送などに配慮して10分遅れでのスタートとなっていたが、正時開始に戻される。

(* 世界モータースポース評議会の承認が必要)
(** サーキットホモロゲーションが必要)
 Rd.     グランプリ     決勝日       開催地     
1 バーレーンGP 3月28日 サヒール
2 TBC 4月18日 イモラ*
3 TBC(ポルトガルGP/予定) 5月2日 TBC(ポルティマン/予定)
4 スペインGP 5月9日 バルセロナ
5 モナコGP 5月23日 モナコ
6 アゼルバイジャンGP 6月6日 バクー
7 カナダGP 6月13日 モントリオール
8 フランスGP 6月27日 ル・キャステレ
9 オーストリアGP 7月4日 シュピールベルク
10 イギリスGP 7月18日 シルバーストーン
11 ハンガリーGP 8月1日 ブダペスト
12 ベルギーGP 8月29日 スパ・フランコルシャン
13 オランダGP 9月5日 ザントフォールト
14 イタリアGP 9月12日 モンツァ
15 ロシアGP 9月26日 ソチ
16 シンガポールGP 10月3日 シンガポール
17 日本GP 10月10日 鈴鹿
18 US GP 10月24日 オースティン
19 メキシコGP 10月31日 メキシコシティ
20 ブラジルGP 11月7日 サンパウロ
21 オーストラリアGP 11月21日 メルボルン*
22 サウジアラビアGP 12月5日 ジッダ**
23 アブダビGP 12月12日 アブダビ

【M】