ミック・シューマッハがフィオラノでSF71Hをドライブ

フェラーリの2018年型マシンを駆るミック・シューマッハ【フィオラノ、2021年1月28日(Scuderia Ferrari)】
フェラーリの2018年型マシンを駆るミック・シューマッハ【フィオラノ、2021年1月28日(Scuderia Ferrari)】

フィオラノでテストセッションを実施中のフェラーリは28日(木)、ミック・シューマッハがSF71Hのステアリングを握り、周回を重ねた。

ミックは昨年9月末に、#RoadToF1プログラムの一環として、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)の仲間であるカラム・アイロットとロバート・シュワルツマンとともにフェラーリの2018年型マシンをドライブしている。

今年、ミックはハースF1チームのレースドライバーとしてフルタイムデビューすることになっており、2020年シーズン終了後にアブダビで実施された若手ドライバーテストでハースF1マシンを走らせた。

ミックはフィオラノでフェラーリエンジニアから課せられたプログラムに励み、スタート練習にも取り組みながら50週以上を走破。マラネロを拠点とするフェラーリのマシンをミックがドライブするのはこれが5度目となり、初テストは2019年、バーレーンのテストセッションの初日にSF90に乗り込んでいる。

走行を終えたミックは「ようやくレーシングカーに乗れたし、とても待ち遠しかった。今日は確実にポジティブな1日だったと思う。予定していたプログラムをトラブルなく完了でき、1カ月半もすればプレシーズンテストが始まるし、新シーズンに向けて、マシンに乗ってマイレージを稼げたことは間違いなくとても役立つことだと思っている」とコメント。

「SF71Hは2018年型マシンだけど、コース上での挙動も感触も、ドライバーにとってはかなり似通ったものを与えてくれる。新シーズンの準備として考えれば最高の基礎になる。テクニカルで要求の厳しいフィオラノでのドライブはいつだって最高だよ。昨年9月に一緒に働いたエンジニアやメカニックとの再開もうれしかったし、明日またマシンに戻るのが待ちきれない」

フェラーリのテストセッション最終日となる29日はミックがドライブした後、今季のフェラーリのテストドライバーを務めるアイロットが作業を引き継ぐことになっている。

【C】