開幕戦はバーレーンに、オーストラリアGPは11月に延期

サヒールタワー【バーレーンGP/サヒール、2019年3月28日(Pirelli)】


12日(火)、F1が改訂版の2021年カレンダーを発表し、開幕戦の舞台がオーストラリアからバーレーンに変更された。

当初は3月にメルボルンで新シーズンの幕開けとなる予定だったが、アルバート・パーク・サーキットでの一戦は11月に延期され、1週間遅れの3月28日(日)にバーレーン・インターナショナル・サーキットで2021年シーズンのバトルがスタートすることになった。

今回の変更は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で各国政府が定める渡航制限を受けて決定されている。2021年のグランプリは23戦のまま変わらず、レース数に変わりはないものの、最終戦アブダビGPは12月5日の予定から1週間後の12日に変更された。

また、F1は渡航制限により中国GPを当初の日程で開催できなくなったことから、イモラがカレンダーに加わったと明かしている。COVID-19のパンデミックによりカレンダーの大幅変更を余儀なくされた2020年に久々にF1グランプリを開催し、大きなドラマを生んだイモラで2021年もレースが行われることになった。中国GPのプロモーターや当局との話し合いは継続しているといい、開催可能な場合はシーズン後半の日程に組み込む可能性があることを示唆している。

5月2日に決勝レースを開催予定の第3戦はまだ会場が決まっておらず、追って発表される。『ESPN』は昨季にポルトガルGPを開催したポルティマンのアルガルベ・サーキット、もしくは、カタロニア・サーキットでのセカンドレースが代替案として検討されているのではないかと報じている。カタロニア・サーキットではその1週間後の5月9日にスペインGPが開催される予定だ。

【2021年F1カレンダー】

(* 世界モータースポース評議会の承認が必要)
(** サーキットホモロゲーションが必要)
 Rd.     グランプリ     決勝日       開催地     
1 バーレーンGP 3月28日 サヒール
2 エミリア・ロマーニャGP(仮)  4月18日 イモラ*
3 TBC 5月2日 TBC
4 スペインGP 5月9日 バルセロナ
5 モナコGP 5月23日 モナコ
6 アゼルバイジャンGP 6月6日 バクー
7 カナダGP 6月13日 モントリオール
8 フランスGP 6月27日 ル・キャステレ
9 オーストリアGP 7月4日 シュピールベルク
10 イギリスGP 7月18日 シルバーストーン
11 ハンガリーGP 8月1日 ブダペスト
12 ベルギーGP 8月29日 スパ・フランコルシャン
13 オランダGP 9月5日 ザントフォールト
14 イタリアGP 9月12日 モンツァ
15 ロシアGP 9月26日 ソチ
16 シンガポールGP 10月3日 シンガポール
17 日本GP 10月10日 鈴鹿
18 US GP 10月24日 オースティン
19 メキシコGP 10月31日 メキシコシティ
20 ブラジルGP 11月7日 サンパウロ
21 オーストラリアGP 11月21日 メルボルン*
22 サウジアラビアGP 12月5日 ジッダ**
23 アブダビGP 12月12日 アブダビ

【C】