ペレスがレッドブルの2021年ドライバーに! アルボンはテスト兼リザーブとして残留

セルジオ・ぺレス【2020年12月18日、Getty Images / Red Bull Content Pool】


2021年のF1世界選手権でセルジオ・ペレスがレッドブル・レーシングのマシンをドライブすることになった。マックス・フェルスタッペンのチームメイトとなる。

今年の正ドライバー、アレックス・アルボンは重要メンバーとしてチームに残り、レッドブル・レーシングのテスト兼リザーブドライバーとして2022年の開発、シミュレーター作業とタイヤテストに焦点を置くことになる。

2011年にグランプリデビューしたペレスは一貫性と粘り強さを持ったレーサーとして高い評価を得るようになった。最近の走りと、第16戦サヒールGPで飾った劇的な勝利がレッドブルに彼を選ばせる決め手になったという。契約期間は1年だ。

チーム代表のクリスチャン・ホーナーは今年のアルボンの貢献に感謝を示しつつ、ペレスの起用は悩んだ末の決断だったと述べ、次のようにコメントした。

「アレックスはチームの重要なメンバーであり、この決定については長く考え、悩んだ。全ての関連データとパフォーマンスを検討した結果、2021年のマックスのパートナーにはセルジオが適切だと決断した。彼がレッドブル・レーシングにやってくるのを心待ちにしている。アレックスはこれからもテスト兼リザーブドライバーとして重要な役割を担い、2022年の開発に集中してもらう。彼の努力と貢献に感謝したい」

【M】