WMSCが2021年F1カレンダーを承認、全23戦

レーススタート【アイフェルGP/ニュルブルクリンク、2020年10月11日(Pirelli)】
レーススタート【アイフェルGP/ニュルブルクリンク、2020年10月11日(Pirelli)】

世界モータースポーツ評議会(WMSC)は17日(木)、全23戦が組まれた2021年FIA F1世界選手権のカレンダーを承認した。

WMSCは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行の影響を受けながらも、17レースを戦い抜いたF1サーカスをたたえつつ、FIA会長のジャン・トッドは2017年のF1会長兼CEO就任以来、F1に多大な貢献を果たしたチェイス・ケアリーに感謝を述べている。ケアリーは今年末に非常勤会長となり、新CEOにはステファノ・ドメニカリが就任することになっている。

2021年F1シーズンは例年通りオーストラリアで開幕し、3月から世界各国を転戦した後、12月初旬に迎える最終戦の舞台も恒例のアブダビのヤス・マリーナ・サーキットとなる。

23戦の実施自体は決まったものの、4月25日(日)に決勝レースが予定される4戦目の開催地は決まっていない。もともとはベトナムGPが開催されるはずだったが、11月の暫定カレンダー公表直前に除外されたと言われており、グランプリ開催に関連した政治的な問題が要因だと報じられている。

【2021年F1カレンダー】

(** プロモーター契約締結が必要)
(** サーキットホモロゲーションが必要)
 Rd.     グランプリ     決勝日       開催地     
1 オーストラリアGP 3月21日 メルボルン
2 バーレーンGP 3月28日 サヒール
3 中国GP 4月11日 上海
4 TBC 4月25日 TBC
5 スペインGP 5月9日 バルセロナ**
6 モナコGP 5月23日 モナコ
7 アゼルバイジャンGP 6月6日 バクー
8 カナダGP 6月13日 モントリオール
9 フランスGP 6月27日 ル・キャステレ
10 オーストリアGP 7月4日 シュピールベルク
11 イギリスGP 7月18日 シルバーストーン
12 ハンガリーGP 8月1日 ブダペスト
13 ベルギーGP 8月29日 スパ・フランコルシャン
14 オランダGP 9月5日 ザントフォールト
15 イタリアGP 9月12日 モンツァ
16 ロシアGP 9月26日 ソチ
17 シンガポールGP 10月3日 シンガポール
18 日本GP 10月10日 鈴鹿
19 US GP 10月24日 オースティン
20 メキシコGP 10月31日 メキシコシティ
21 ブラジルGP 11月14日 サンパウロ
22 サウジアラビアGP 11月28日 ジッダ*
23 アブダビGP 12月5日 アブダビ

【C】