セッション終了後のラップでマグヌッセンに戒告【アブダビGP:ペナルティ】

2020年シーズンを戦ったF1ドライバーたち【アブダビGP/ヤス・マリーナ、2020年12月13日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】
2020年シーズンを戦ったF1ドライバーたち【アブダビGP/ヤス・マリーナ、2020年12月13日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】

シーズン最終戦アブダビGPではセッション終了後に追加で1周したハースF1のケビン・マグヌッセンに戒告処分が科された。

マグヌッセンは金曜フリー走行2回目終了時にピットエントリーでミスしたため、チームの指示にしたがってゆっくりと1周してからピットに戻っている。

他には規定数以上のパワーユニットエレメントを使用した件でマグヌッセンとレーシング・ポイントのセルジオ・ぺレスがグリッド降格ペナルティを受けた以外、重大なペナルティを科されたドライバーはいなかった。

アブダビGPの週末を通してスチュワードが審議し、何らかの処分を下したインシデントおよびペナルティの詳細は以下の通り。

アブダビGP初日:12月11日(金)

【金曜フリー走行1回目】

◆ケビン・マグヌッセン(ハースF1)
違反内容:3基目のエナジーストア(ES)、3基目のコントロールエレクトロニクス(CE)を使用、FIA F1スポーティングレギュレーション第23条3項(a)に違反
裁定:スターティンググリッド最後方からのスタート
裁定理由:FIA F1スポーティングレギュレーション第23条3項(a)、第23条3項(b)に基づいて上記ペナルティが科された。

◆セルジオ・ぺレス(レーシング・ポイント)
違反内容:4基目の内燃機関、4基目のターボチャージャー(TC)、4基目のMGU-Hを使用、FIA F1スポーティングレギュレーション第23条3項(a)に違反
裁定:スターティンググリッド最後方からのスタート
裁定理由:FIA F1スポーティングレギュレーション第23条3項(a)、第23条3項(b)に基づいて上記ペナルティが科された。

◆ターン21のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン21でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条1項1号(i)に違反、およびレースディレクターの指示書第20条不服従
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条3項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

13時28分40秒 18. ランス・ストロール(レーシング・ポイント)/1分41秒525、2分08秒986
14時04分33秒 33. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/ピットレーン、1分37秒445
14時07分39秒 10. ピエール・ガスリー(アルファ・タウリ)/ピットレーン、1分38秒911
14時20分00秒 33. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分42秒517、1分42秒789
14時30分23秒 18. ランス・ストロール(レーシング・ポイント)/ピットレーン、1分45秒887
14時31分08秒  5. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/ピットレーン、1分46秒914
14時31分24秒 55. カルロス・サインツ(マクラーレン)/ピットレーン、1分44秒489

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条、およびFIA国際スポーティングコード第12条3項1号eに基づいて適用されている。

【金曜フリー走行2回目】

◆ターン20のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン20でコースを逸脱し、継続的なアドバンテージがある形でコースに復帰、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条1項1号(j)、およびFIA F1スポーティングレギュレーション第27条3項に違反・
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条3項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム]

17時32分11秒 23. アレックス・アルボン(レッドブル)/1分37秒568

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条、およびFIA国際スポーティングコード第12条3項1号eに基づいて適用されている。

◆ターン21のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン21でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条1項1号(i)に違反、およびレースディレクターの指示書第20条不服従
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条3項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

17時02分27秒 20. ケビン・マグヌッセン(ハースF1)/アウトラップ、1分43秒977
17時15分49秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分41秒283、1分41秒795
17時28分02秒 23. アレックス・アルボン(レッドブル)/1分37秒015、2分35秒719
17時30分47秒  5. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分38秒789、2分19秒634
17時31分18秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分37秒984、2分33秒944
17時34分19秒 20. ケビン・マグヌッセン(ハースF1)/1分39秒077、1分51秒466
17時35分31秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分38秒902、ピット
17時44分08秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分36秒097、2分58秒260
17時44分46秒  6. ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)/1分39秒099、ピット
17時58分03秒 33. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分37秒029、ピット
18時07分17秒 20. ケビン・マグヌッセン(ハースF1)/1分44秒769、1分44秒927
18時10分19秒 33. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分41秒517、1分42秒355
18時10分47秒 20. ケビン・マグヌッセン(ハースF1)/1分45秒650、ピット
18時28分01秒 77. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分44秒640、1分43秒708
18時29分55秒 20. ケビン・マグヌッセン(ハースF1)/1分45秒716、1分48秒145

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条、およびFIA国際スポーティングコード第12条3項1号eに基づいて適用されている。

◆ケビン・マグヌッセン(ハースF1)
違反内容:チェッカーフラッグ後、許可されたプラクティススタートに続いてピットすべきタイミング以降で追加のラップを実施、FIA F1スポーティングレギュレーション第31条6項に違反
裁定:戒告(ドライビング/今季1回目)
裁定理由:スチュワードはカーナンバー20のドライバー(マグヌッセン)とチーム代表者から事情を聴取し、映像および音声の証拠を確認した。ドライバーはピットレーン入り口でブレーキをロックさせ、ピットエントリーでオーバーシュートした。彼はクルーに指示を仰ぎ、スローラップでピットに戻るよう連絡を受けた。彼は慎重にドライブし、過度なスピードを出さなかったことをスチュワードはここに注記する。

アブダビGP2日目:12月12日(土)

【土曜フリー走行】

◆ターン21のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン21でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条1項1号(i)に違反、およびレースディレクターの指示書第20条不服従
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条3項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

14時57分55秒  7. キミ・ライコネン(アルファロメオ・レーシング)/1分38秒596、2分35秒163

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条、およびFIA国際スポーティングコード第12条3項1号eに基づいて適用されている。

【予選】

◆ターン20のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン20でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条1項1号(i)に違反、およびレースディレクターの指示書第20条不服従
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条3項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム]

17時06分44秒 99. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ・レーシング)/1分37秒811
17時07分08秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分35秒797
17時29分52秒 23. アレックス・アルボン(レッドブル)/1分36秒121

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条、およびFIA国際スポーティングコード第12条3項1号eに基づいて適用されている。

◆ターン21のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン21でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条1項1号(i)に違反、およびレースディレクターの指示書第20条不服従
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条3項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

17時30分16秒  3. ダニエル・リカルド(ルノー)/1分36秒741、ピット
17時40分19秒 99. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ・レーシング)/1分37秒066、ピット

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条、およびFIA国際スポーティングコード第12条3項1号eに基づいて適用されている。

アブダビGP決勝:12月13日(日)

【決勝】

◆ターン21のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン21でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条1項1号(i)に違反、およびレースディレクターの指示書第20条不服従
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条3項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

17時45分57秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分44秒596、1分44秒936
18時08分49秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分42秒686、1分43秒273
18時23分01秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分41秒452、1分41秒429
18時24分55秒  6. ニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)/1分42秒773、1分43秒593
18時27分02秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分42秒794、1分42秒647
18時29分32秒  5. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)/1分42秒342、1分42秒212
18時34分35秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分42秒825、1分43秒260
18時37分18秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分42秒686、1分42秒561

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条、およびFIA国際スポーティングコード第12条3項1号eに基づいて適用されている。

【A】