角田裕毅のF1デビュー決定! アルファ・タウリから参戦

角田裕毅【アブダビテスト/ヤス・マリーナ、2020年12月15日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】
角田裕毅【アブダビテスト/ヤス・マリーナ、2020年12月15日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】

16日(水)、アルファ・タウリは来季のレースドライバーに角田裕毅を起用すると発表した。

すでにピエール・ガスリーの続投が決まっており、角田はガスリーとコンビを組んでルーキーイヤーに挑む。

レッドブル・ジュニア・チームとHondaの若手ドライバー育成プログラムの両方に属する角田は2020年F2選手権にカーリンから参戦し、チャンピオンシップ3位でシーズンを締めくくっている。これにより、神奈川県出身で20歳の角田はF1スーパーライセンス取得の資格を手に入れた。

2018年に日本のF4選手権を制した後、角田はヨーロッパに活動の場を移して新たに設立されたFIA F3選手権に参戦、3回の表彰台と1勝をマークしてランキング9位につけた。2020年にはF2に昇格し、表彰台に上ること7回、フィーチャーレース2勝にスプリントレース1勝という大活躍のシーズンを終えたばかりだ。

11月にはイモラで2018年型マシンに乗り込んで300kmを走破した角田は、F1の2020年シーズン終了後、15日に実施されたアブダビの若手ドライバーテストにも参加してさらにF1マシンでの経験を積んでいる。

F1デビューが決まった角田は「ほとんどのレースドライバーと同じように、F1でレースをすることが僕の目標だったので、今回のニュースは本当にうれしいです。このチャンスを与えてくれたスクーデリア・アルファ・タウリ、レッドブル、マルコ博士に感謝しています。もちろん、ヨーロッパのレースに参戦するという素晴らしいチャンスを与えてくれるなど、僕のキャリアをずっと応援してくれているHondaの皆さんにも本当に感謝しています。それから、ここにたどり着くまでに一緒に戦ってきたチーム、特に今年多くのことを学ばせてもらったカーリンにも感謝しなければなりません。来年はたくさんの日本のF1ファンの希望を背負うことになるというのは分かっています。ファンの方々のためにベストを尽くします」とコメントした。

また、チーム代表のフランツ・トストは次のように述べている。

「レッドブルはこれまで長くユウキのキャリアを見守ってきたので、われわれのチームにとって彼が素晴らしいアセットになることを確信している。今年のF2に参戦した彼を見ていると、レースのアグレッシブさと優れた技術の理解力を適切に兼ね備えていることが分かる。うちの2018年型マシンをドライブした11月のイモラのテスト中、レースシミュレーションを通して彼のラップタイムは非常に一貫しており、1日を通して成長を見せ、エンジニアたちに有益なフィードバックをもたらしてくれた。加えて、Hondaのエンジニアたちとも完全に溶け込んでおり、これは確実に助けとなる。今週のアブダビテストでは素早く学習できること、F1へのステップを踏む準備を整えていることを証明した」

日本人ドライバーが最後にF1で戦ったのは小林可夢偉がケータハムをドライブした2014年アブダビGPだ。

【C】