久々かつ今季初の表彰台に上ったベッテル

フェラーリのセバスチャン・ベッテル【トルコGP/イスタンブール、2020年11月15日(Scuderia Ferrari)】
フェラーリのセバスチャン・ベッテル【トルコGP/イスタンブール、2020年11月15日(Scuderia Ferrari)】

15日(日)、シーズン第14戦トルコGP決勝レースに挑んだフェラーリはセバスチャン・ベッテルが3位でゴールして久々の表彰台に上り、ファイナルラップのミスが響いてチームメイトにかわされたシャルル・ルクレールは4位入賞を果たした。

セバスチャン・ベッテル

「何が起こるか分からない特別なレースというものがある。今日のレースはイスタンブール・パークと僕との関係が特別なものであることを証明したと思う。僕のF1キャリアはここからスタートしたとも言えるけど、またここで、これまで厳しいシーズンを過ごしてきた僕が今季初めての表彰台を獲得したんだ。1周目は本当に素晴らしかった。うまく蹴り出せたし、ヘビーウエットタイヤだったけどすごく良いグリップがあった。それからインターミディエイトタイヤに交換して、少しだけ苦しんだ。路面にあまり水がなかったことなんかも助けになったと思うし、終盤はすごく速かった。最後数周にはバトルを繰り広げていたシャルル(ルクレール)とペレス(レーシング・ポイント)に追いついた。シャルルがペレスをオーバーテイクしたけど、ターン12でロックアップしたから僕が内側に入り、2位も僅差で逃しただけだった。シャルルには申し訳ないし、この出来事に関して彼が怒るのも理解できる。僕が彼の立場に立つこともありえるからね。だけど、彼は本当に強いから、すぐに今日のことはどうでも良くなるだろう。シャルルは素晴らしいレースを走ったよ」

シャルル・ルクレール

「自分自身に強く失望している。最終コーナーで台無しにしてしまい、何も言えない。最終的に評価されるのは結果だからね。スタートが悪かった。汚い方のグリッドからのスタートだったけど、そこからマシになってレース中盤にはものすごく速かったし、何秒も前を走っていた先頭集団に追いつこうとがんばったのに、最後の最後ですべてを投げ捨ててしまった。今日は2位でフィニッシュできたはずだからチームには申し訳ない。一方で、セバスチャン(ベッテル)の結果はうれしい。彼は厳しいシーズンを過ごしてきたから初の表彰台にふさわしいよ」

マッティア・ビノット(チーム代表)

「非常に難しい土曜日を過ごした後、最多ポイントを獲得したチームとして日曜日を締めくくれるなんて最高だ。こういったコンディションでは最もミスの少なかったところに勝機があると分かっていた。チームとして、われわれは良い仕事を果たし、とりわけ戦略面ではうまくやれた。適切なタイミングで果敢な選択を取った。それから、もっとうまくやれれば、2人のドライバーが表彰台に上れたかもしれないという点にも触れておく。昨夜は、昨日のセッションでタイヤを機能させられなかった理由について、コースの現場とマラネロの拠点で必死に取り組み、今日、その総力が実を結び、ウエットでもインターミディエイトでも確認することができた。セバスチャンがやっとトップ3に返り咲けたことにとりわけ喜びを感じている。彼は非常に力強いレースを戦い、特にスタートが見事だった。シャルルはレースの大半でとても速かった。あのスタートではなく、ラストラップの一件もなければ、きっと彼が2位フィニッシュを果たしていただろうと思うものの、それでも素晴らしいレースだった。コンストラクターズのランキングは若干ながら上乗せできたが、前とのギャップは今でも大きい。このイスタンブールでは、モンツァ以降の進歩が確認できたし、バーレーンとアブダビで迎える最後の3戦でも同様にしていきたい。最後に、これほどまでにふさわしいドライバーズタイトルを獲得したルイスを祝したい。これで彼はミハエル・シューマッハが打ち立てた記録に並んだ」

【SC/C】