F1が2021年暫定カレンダーを公表、全23戦開催

アルバート・パーク・サーキット【オーストラリアGP/メルボルン、2020年3月13日(Pirelli)】
アルバート・パーク・サーキット【オーストラリアGP/メルボルン、2020年3月13日(Pirelli)】

10日(火)、F1が全23戦を予定する2021年の暫定F1カレンダーを公表した。開幕戦は例年通りオーストラリアが務め、3月から世界各国を転戦した後、12月初旬に迎える最終戦の舞台はアブダビのヤス・マリーナ・サーキットとなる。

2020年のF1は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を受けて開幕が遅れたほか、カレンダーの大幅見直しを強いられ、最終的に当初の予定より少ない全17戦を開催することになった。

F1は来シーズンの暫定カレンダーを公表するにあたり、「2021年に向けたプランは世界規模のパンデミックに関連して、現在も進行している流動性を鑑み、すべてのプロモーターおよび地元や各国の当局と広範囲な対話をもとに練ってきた。F1およびFIAは改定版2020年シーズンの再開と実行を効果的に可能とするため、徹底した健康と安全の対策を敷いている」と声明で述べている。

「2021年のホストたちはわれわれが今シーズンのレースを安全に再開したことに安堵しており、われわれが用意した計画や手順によって正常レベルでの2021年シーズンを実現できると確信している。以前にも申し上げた通り、2021年シーズンにはファンが戻り、2020年シーズンの当初に予定していたカレンダーと同様の日程を実行できると期待している。今後もプロモーターやパートナーらと協力し合い、2021年3月18日にオーストラリアでシーズンが開幕することを楽しみにしている」

4月25日(日)に決勝レースが予定される第4戦はもともとベトナムGPが開催されるはずだったが、暫定カレンダーが公表された時点で開催地が未定となっており、代替案としてはマレーシアの名前が挙がっている。

【2021年暫定F1カレンダー】

(* 開催には契約締結が必要)
Rd. グランプリ 決勝日 開催地
1 オーストラリアGP 3月21日 メルボルン
2 バーレーンGP 3月28日 サヒール
3 中国GP 4月11日 上海
4 TBC 4月25日 TBC
5 スペインGP* 5月9日 バルセロナ
6 モナコGP 5月23日 モナコ
7 アゼルバイジャンGP 6月6日 バクー
8 カナダGP 6月13日 モントリオール
9 フランスGP 6月27日 ル・キャステレ
10 オーストリアGP 7月4日 シュピールベルク
11 イギリスGP 7月18日 シルバーストーン
12 ハンガリーGP 8月1日 ブダペスト
13 ベルギーGP 8月29日 スパ・フランコルシャン
14 オランダGP 9月5日 ザントフォールト
15 イタリアGP 9月12日 モンツァ
16 ロシアGP 9月26日 ソチ
17 シンガポールGP 10月3日 シンガポール
18 日本GP 10月10日 鈴鹿
19 US GP 10月24日 オースティン
20 メキシコGP 10月31日 メキシコシティ
21 ブラジルGP* 11月14日 サンパウロ
22 サウジアラビアGP 11月28日 ジッダ
23 アブダビGP 12月5日 アブダビ

【C】