他車と接触のライコネンとアルボンに2点加算【アイフェルGP:ペナルティポイント】

アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネン【アイフェルGP/ニュルブルクリンク、2020年10月11日(Alfa Romeo Racing)】
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネン【アイフェルGP/ニュルブルクリンク、2020年10月11日(Alfa Romeo Racing)】

シーズン第11戦アイフェルGP決勝で接触事故を起こした2名のドライバーにペナルティポイントが2点ずつ加算された。

ペナルティポイントの対象となったのはアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンとレッドブルのアレックス・アルボン。それぞれの累積点はライコネンが4ポイント、アルボンが7ポイントとなっている。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12カ月有効。累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できない。

【A】