最後尾から8位入賞のヒュルケンベルグ、「本当にチームのおかげ」

レーシング・ポイントのニコ・ヒュルケンベルグ【アイフェルGP/ニュルブルクリンク、2020年10月11日(Racing Point F1)】
レーシング・ポイントのニコ・ヒュルケンベルグ【アイフェルGP/ニュルブルクリンク、2020年10月11日(Racing Point F1)】

11日(日)、シーズン第11戦アイフェルGP決勝レースでレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスが4位、ランス・ストロールの代役として出走したニコ・ヒュルケンベルグも8位でゴールしてポイントを獲得した。

セルジオ・ペレス

「セーフティカーがなければ表彰台は僕たちのものだと思っていたから、少し悔しい。その時点までは僕はダニエル(リカルド/ルノー)をとらえつつあったし、彼は古いタイヤを履いていたから、終盤のラップで表彰台をかけた接戦が繰り広げられるはずだった。今回も第1スティントが結果に大きく影響した。好スタートを決めて順位を上げ、タイヤを管理して長く走ることができたから、第2スティントではアドバンテージを握っていた。セーフティカーの後はダニエルにプレッシャーをかけることができて、ターン4に入るところで彼をとらえかけたけど、うまくいかなかった。4位でのフィニッシュは力強い結果だし、チームは未知数のレースに向けて素晴らしい仕事をしてくれて、コンディションの読みも良かった。ニコ(ヒュルケンブルグ)がいくつかポイントを獲得したことも良かったし、結果的にはとても難しい日になっていたかもしれないところを力強い結果に変えることができた。マシンのパフォーマンスも良く、今日のリカバリーを誇りに思う。あとでランスに電話して彼の様子を確認するよ。彼の復帰を楽しみにしている」

ニコ・ヒュルケンベルグ

「何というレース、何というストーリーだ! 最後尾から8位なんて考えてもいなかった。レース前はそんなことができるなんて考えた人はいなかったんじゃないかな! 僕の周りでたくさんのことが起き、リタイアにも助けられたけど、本当にいいパフォーマンスが出せてうれしいし、本当にチームのおかげだよ。僕は、事故を避けてできるだけハードにドライビングすることを目標にして、うまくやることができた。しばらくの間あんなにたくさんのクルマに囲まれてレースをしていなかったから、スタートではちょっと変な感じがしたけど、いくつか順位を上げて第1スティントの中盤ぐらいでいいリズムに乗り始めた。さらに調子を伸ばすことができたからそれは重要なことだった。とてもバンピーなコースで、精神的にも肉体的にもきついコースだったから今でも少し痛みを感じている。この結果には大満足だし、チームがコンストラクターズ選手権の3位に上がる手助けができたのはうれしい。シーズンはまだこの先長いのは間違いないけど、チームにはこれからのレースでもがんばって欲しい」

オトマー・サフナウアー(チーム代表兼CEO)

「レース前の段階でチャレンジングな週末だったので、16ポイントを獲得してチャンピオンシップ3位の座を取り戻し、ドイツを離れられる満足感はとても大きい。セルジオはポディウムを狙っていて、タイヤアドバンテージがあったので、セーフティカーに中和されるまではリカルド(ルノー)に急激に接近していた。それでも4位はチーム全体にとって素晴らしいリザルトだ。もう一方のガレージのニコは、ファンからドライバー・オブ・ザ・デーに選ばれるにふさわしい走りだった。レース前に10周しかしておらず、苦しかったはずだが、8位フィニッシュとは素晴らしい努力だ。ランスの代わりを務めてくれたことに感謝している。ランスも今日は少し気分が良くなっており、回復を続けるためにすでに帰宅している。ポルトガルでの次のレースまでには完全な健康を取り戻せると期待している」

【SC/N/M】