フェルスタッペン&アルボンとオンラインで対決!

Red Bull Beat The Pro【Red Bull】
Red Bull Beat The Pro【Red Bull】

レッドブルがF1ドライバーのマックス・フェルスタッペンとアレックス・アルボン、さらにF2に参戦する角田裕毅(つのだ・ゆうき)を擁して、オンラインイベント『Red Bull Beat The Pro(レッドブル・ビート・ザ・プロ)』を開催する。

2020年のF1シーズンは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行を受けてカレンダーの調整を強いられ、ヨーロッパを中心に転戦することになった結果、アジア圏を含む、いわゆるフライアウェー戦は軒並み中止となり、1987年以来、毎年開催されてきた日本GPも中止を余儀なくされている。

今年は日本でのF1レース観戦がかなわなくなり、肩を落とすF1ファンにレッドブルが特別な舞台を用意した。

ドライビングシミュレータの『グランツーリスモSPORT』を通じ、鈴鹿サーキットで同一マシン、同条件の下、アタックラップを走り、フェルスタッペンとアルボンのレッドブルコンビに加えて、角田のラップタイムに挑む特別企画だ。

Red Bull Beat The Proの開催について、フェルスタッペンは「何よりも今は日本の素晴らしいファンの皆さんに会えないのが残念だね。グランツーリスモで僕らのタイムに挑戦して、ぜひ、このイベントを楽しんでほしい。鈴鹿はコーナーも多く、ミスが許されないサーキットだけど個人的には鈴鹿でレースするのを毎年楽しみにしている」とコメント。

2020年シーズンの開幕が遅れた穴埋めとしてF1が立ち上げたバーチャル・レーシング・シリーズでも好パフォーマンスを見せていたアルボンは次のように話している。

「ファンと一緒にレースできる機会は滅多にないから嬉しいよ。特に今年は実際に会うことができないからね。鈴鹿は僕のお気に入りのコースでもあるし、ファンがどのようにこのサーキットを攻略するのかを見るのが楽しみだね」

レッドブルが「#RaceTogetherを合言葉に日本のモータースポーツファン、そして世界のファンに楽しいレースの機会を提供するために企画しました」と説明するように、現役ドライバーにチャレンジできるまたとない機会を思う存分に楽しめそうだ。

Red Bull Beat The Pro詳細
レッドブル公式サイト(日本語)