アストンマーティンの新チーム代表にマイク・クラックが就任


昨年までチーム代表兼CEOを務めていたオトマー・サフナウアーの離脱を明らかにしたアストンマーティンが、14日(金)、新たなチーム代表としてマイク・クラックの就任を発表した。

クラックはこれまでBMWのグローバル・モータースポーツ・オペレーションを率いてきた人物で、2014年から同社で働いていた。

BMWではフォーミュラE、GT、そしてIMSAプログラムの責任者を務め、IMSAとWECが企画している新LMDh規定の開発に携わってきた。

それ以前はポルシェでモータースポーツ部門の上級幹部を務めており、F1でもザウバーがBMWザウバーだった時代に10年ほど働いていたことがある。

新チーム代表に就任したクラックは次のようにコメントした。「アストンマーティン・コグニザントF1チームのチーム代表に任命されたことは身震いするほど名誉なことであり、このように素晴らしい機会を与えてくれたローレンス(ストロール)とマーティン(ウィットマーシュ)に感謝の気持ちでいっぱいだ」

「アストンマーティンは世界有数の自動車ブランドであり、その輝かしい名前にこの上なくふさわしいF1での成功を目指して進んでいるこのチームでリーダー役を任されるというチャレンジに、私はエネルギーと熱意をもって取り組むつもりだ」

「20年以上モータースポーツの仕事をしてきて、F1では2006年と2007年にBMWのエンジニアをしていた時に、チームのテストドライバーだったセブ(セバスチャン)・ベッテルとも一緒に働いたことがある。彼のスピードと能力には大きな敬意を抱いており、再びタッグを組めることは素晴らしい。ランス・ストロールもまた、100戦のグランプリスタートを達成した非常に速く優秀なドライバーだ。彼と密接に仕事をするのをとても楽しみにしている」

「シルバーストーンのチームはいつも私を感心させてきた。多くの優秀な人々、そして本物のレーサーであふれている。そのレーサーとしての文化と価値はモータースポーツでの成功に必要なものだ。私はそれを知っているし、アストンマーティン・コグニザントF1チームの同僚たちも知っていることだろう。われわれはこれから懸命に働く。勝利が欲しい。われわれが力を合わせれば、できるはずだ」

昨年9月にアストンマーティン・パフォーマンス・テクノロジーズのグループCEOに就任したマーティン・ウィットマーシュは次のように述べている。「マイク・クラックは、ローレンスの下で他のシニアリーダーたち、そして常に成長を続ける有能で献身的な従業員たちと働くのに最適なタイプのダイナミックでモダンなチーム代表だ。われわれアストンマーティン・コグニザントF1チームが強く達成したいと思っているF1世界選手権の成功をきっともたらしてくれるはずだ」

「F1ではザウバーでエンジニアリングをしていたバックグラウンドを持ち、BMWとポルシェでモータースポーツの上級職に就いていたマイクは、経験と専門知識を併せ持っており、われわれにとって理想的な選択だった。近年のBMWではドライバーとの協力関係を重視してうまくやっており、彼らの言語を話すことから、エンジニアともうまくやっていた」

チームのオーナーでアストンマーティン・ラゴンダの取締役会長を務めるローレンス・ストロールは次のように述べた。「F1で勝つということは、最善の努力によって、優れた主要プレーヤー――ドライバー、エンジニア、メカニック、全員――を集めることに懸かっている。マイクはそれをやり遂げるのにぴったりの人物だ」

「われわれは毎週のように才能ある人々を雇い入れている。新ファクトリーの建設も非常に順調だ。素晴らしいスポンサー、パートナーのリストがある。5カ年計画の2年目に乗り出そうとしているところで、目標はF1世界選手権で勝つことだ。必要な全ての成分がそろおうとしている。マイクはマーティン・ウィットマーシュの直属として技術面と運営面の機能を指揮し、中心的リーダーの役割を果たす。われわれの総体的な狙いはそうした非常に高い望みを実現することだ。われわれはその途上にいる」

【M】