カタールでは新PUエレメントの投入なし【カタールGP:パワーユニット】

アルピーヌのエステバン・オコン【カタールGP/ロサイル、2021年11月21日(Alpine F1 Team)】


シーズン第20戦カタールGPで新たなパワーユニットエレメントを投入した陣営はなかった。

2021年は各マシンあたり内燃機関(エンジン)、MGU-H、ターボチャージャー、MGU-Kは年間3基、エネルギー貯蔵装置、コントロールエレクトロニクスは年間2基までの使用が認められている。また、今季からエキゾーストにも規定が設けられ、各マシンあたり年間8基まで使用可能となっている。これを超過するとそれぞれの状況に合わせてグリッド降格ペナルティが科される。

シーズン終盤に入ってエンジン交換によるペナルティを受けるドライバーが毎戦現れる中、第20戦は久々にパワーユニット面では静かな週末となった。

【A】