フェルスタッペンに5グリッド降格、ボッタスは3グリッド降格処分

レッドブルのマックス・フェルスタッペン【カタールGP/ロサイル、2021年11月20日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】


カタールGPのスチュワードは21日(日)、土曜日に実施された予選でダブルイエローフラッグを無視したレッドブルのマックス・フェルスタッペンに対して5グリッド降格処分を、さらに、シングルイエローフラッグ無視の違反でメルセデスのバルテリ・ボッタスに3グリッド降格ペナルティを科した。

問題のダブルイエローフラッグが出された場面は予選Q3の終盤だ。アルファタウリのピエール・ガスリーがターン15の縁石に乗り上げてフロントウイングを破損、それによって右フロントタイヤがパンクチャーを起こしたため、ガスリーはコース脇にマシンを寄せて停車し、これを受けてイエローフラッグが掲示されたのだ。

セッション時間が残りわずかという段階で、多くのドライバーが最後のアタックラップに臨んでおり、フェルスタッペンもポールには届かなかったものの、自己ベストタイムを更新してラップを終えている。フェルスタッペンは最終的に予選を2番手で終えたが、セッション終了から数時間後、「現地時間18:00に振られたダブルイエローフラッグに従わず、FIA国際競技規則の付則H項、第2条5項2号bに違反した疑い、およびレースディレクターのイベントノート7.1に違反した疑い」によって決勝レース当日にスチュワード室に召集されることが発表された。

また、フェルスタッペンに対する召集令状が公表されてほどなく、フェラーリのカルロス・サインツとボッタスもシングルイエローフラッグに従わなかった疑いがあるとしてレース前に呼び出しを受けていた。

決勝レースのスタート時刻より4時間前に呼び出したフェルスタッペンとレッドブルの代表者の説明を受けたスチュワードは、電子制御のセントラルマーシャリングシステムではイエローフラッグの掲示がなかったことを認めつつも、コース上のドライバーはコース脇でマーシャルが掲示するイエローフラッグに従うべきだったとし、「ダブルイエローフラッグの掲示中に記録された1分21秒282のラップタイムを抹消」すること、そして「5グリッド降格」の処分を科すとの裁定を下した。

スチュワードは声明の中で次のように説明している。

「スチュワードはカーナンバー33のドライバー(フェルスタッペン)およびチーム代表者から話を聞くとともに、映像、マーシャリングシステム、テレメトリーの証拠を確認した。ダブルイエローフラッグはターン16の出口を過ぎたフラッグポイント16.6で掲示されていた(ただし、ライトシステムは起動していない)」

「スチュワードは、イエローライトパネルの表示がなく、ダッシュボードの警告灯も表示されず、ドライバーへの音声信号もなかったことを踏まえてペナルティの軽減を求める当該ドライバーおよびチーム代表者の申し立てに留意する。その申し立てに共感はするものの、スチュワードは下記の事項を考慮した」

1.F1スポーティングレギュレーション第27条1項は、ドライバーが単独かつ補助を受けることなくマシンをドライブすることを定めている。

2.FIA国際競技規則付則H項はフラッグとライトが同じ意味を持つと定めている(したがってフラッグシグナルには従わなければならない)。

3.F1スポーティングレギュレーション第27条2項は、ドライバーは常に国際競技規則を遵守することを求めている。同規則では付則H項においてフラッグシグナルを遵守する責任を明確にドライバーに課しているため、当該チームはドライバーがイエローフラッグに到達する約34秒前にFIAマーシャリングシステムのイエローセクターがオフになり、それが「プレーオン」を意味すると主張したが、ダブルイエローフラッグ区間に進入する際はドライバーに適切な行動を取る責任がある。

4.スチュワードは当該チームおよび当該ドライバーの間でなされた音声のコミュニケーションを調査したが、上記3に示した状況に関して当該チームが当該ドライバーに示唆した瞬間はなかった。

5.当該ドライバーはコース右側にカーナンバー10(ガスリー)がいることを認識していた。機能しないマシンを確認した場合、カーナンバー55のドライバー(サインツ)の場合と同様、危険な可能性があること、イエローフラッグが掲示されている可能性があることを想定し、それに伴って適切な行動を取ることが期待されるのは合理的だ。

6.2020年オーストリアにおいてカーナンバー44(ルイス・ハミルトン/メルセデス)が、シングルフラッグが掲示された状況で違反した行為に対する通常のペナルティである3グリッド降格ペナルティを受けていること、また、2021年バーレーンにおいてカーナンバー5のドライバー(セバスチャン・ベッテル/アストンマーティン)がダブルフラッグ違反に伴う通常のペナルティである5グリッド降格処分を受けている。

「以上のことから、スチュワードは上記に言及したダブルイエローフラッグの規定に違反した場合、標準的なペナルティを科す以外に選択肢はないと考える」

一方、ボッタスに対する裁定理由については「スチュワードはカーナンバー77のドライバー(ボッタス)とチーム代表者から話を聞くとともに、映像、テレメトリーおよびマーシャリングシステムの証拠を確認した。当該ドライバーはフラッグポイント16.6に掲示されていたイエローフラッグに気づかなかったことを認め、ピットストレートでカーナンバー10が停止していたことに気づいていたにもかかわらず、イエローフラッグ区間で求められる減速をしなかったと認めた」ことから、3グリッド降格処分を科したとのこと。

サインツに関しては同様の状況でイエローフラッグが確認できなかったとしながらも、停車しているガスリーのアルファタウリマシンを見てイエローフラッグが振られている可能性を考慮し、必要に応じた減速を実行していたという主張に加えて、テレメトリーのデータからもそれが確認されたため、おとがめなしとの判断に至ったと明かした。

予選2番手だったフェルスタッペンは7番グリッドに降格し、ボッタスはそのひとつ前、6番グリッドに並ぶ。

これに伴い、ポールシッターのハミルトンに次ぐフロントローにはガスリーが繰り上がり、アルピーヌのフェルナンド・アロンソが3番手、マクラーレンのランド・ノリスが4番グリッドに並ぶことになった。

【C】