フェルスタッペンを含む複数のドライバーが黄旗無視の疑いでレース前に呼び出し

レッドブルのマックス・フェルスタッペン【カタールGP/ロサイル、2021年11月20日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】


ロサイル・インターナショナル・サーキットで20日(土)に行われた予選で、レッドブルドライバーのマックス・フェルスタッペンがダブルイエローフラッグの最中に減速を怠った可能性があるとしてスチュワードの呼び出しを受けた。日時は決勝レース当日の21日(日)現地時間13時となっている。

ダブルイエローが出されたのはQ3の終盤、アルファタウリのピエール・ガスリーがターン15の縁石に乗り上げてフロントウイングを破損し、それによって右フロントのタイヤがパンクチャーを起こしたためだった。セッションは残り時間わずかという段階で、多くのドライバーが最後のアタックラップ中だった。フェルスタッペンもその1人で、ポールには届かなかったものの、タイムを更新してラップを終えている。

召喚状には、“18:00時に振られたダブルイエローフラッグに従わず、FIA国際競技規則の付則H項、第2条5項2号bに違反した疑い、およびレースディレクターのイベントノート7.1に違反した疑い”があると理由が記されている。違反が認められれば予選2番手のフェルスタッペンにグリッドペナルティが科される可能性もある。

また、フェラーリのカルロス・サインツ、メルセデスのバルテリ・ボッタスもシングルイエローフラッグに従わなかった疑いがあるとしてレース前に呼び出しを受けた。

レースは現地時間17時(日本時間23時)にスタートすることになっている。

【M】