初日の出来に満足だと声をそろえるガスリー&角田

アルファタウリのピエール・ガスリー【メキシコGP/メキシコシティ、2021年11月5日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】


シーズン第18戦メキシコGPが幕を開けた5日(金)、アルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅は2回目のフリー走行を6番手と8番手で終えた。

初回セッションはガスリーが5番手に食い込み、角田は11番手のタイムを残している。なお、角田は今週末に新しいエンジンコンポーネントを投入しており、規定数を超えたことでペナルティを受けるため、決勝レースは最後尾スタートが決まっている。

ピエール・ガスリー

「今日は大満足、と言わなきゃね。両方のセッションをトップ6で終えて、クルマにはたくさんポジティブなことがある。明日はさらにパフォーマンスを見つけられると考えているくらいだ。コース上はすごくスリッピーで、それはあまりうれしくないけど、それでも僕たちはすごくコンペティティブだから、とても満足している。レースに目を向けると、タイヤの感触もかなり良かった。通常、ここメキシコはハードにそれほどきつくない。特に前戦のオースティンと比べるとね。でも、ここまでやったロングランには満足している。日曜日までにそれを分析する必要がある」

角田裕毅

「今日はかなり満足しています。クルマのバランスが良かったみたいで、FP1からすぐにいいペースを見せることができました。僕はペナルティを受けることが決まっているので、予選へのアプローチが少し変わることになりますが、今夜エンジニアたちが分析するための重要なデータをたくさん集められました。僕は予選の1ラップよりも、主にレースの方に集中しているので、今日はロングランをたくさんしました。ここまでクルマはいい感じです」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「今回のメキシコでは好パフォーマンスを発揮するとともに、テストプランを完了できた。今週末はユウキがPUペナルティを科せられて最後尾スタートになるため、レースに向けてロングランに集中している。それでも、ショートランでは優れたパフォーマンスを示し、マシンに対する自信を深めていた。ピエールに関しては通常の金曜日プランに取り組み、タイヤについて学びながら今週末のコンディションに合わせてセットアップを最適化することに専念した。FP1の路面はかなり汚れていてほこりっぽかったので、全体的なグリップもバランスも悪かった。1日を通して改善されたものの、まだ完全に満足できるバランスには至っておらず、明日のショートランでさらに多くを見いだす必要がある。全体としては順調な金曜日だ。パフォーマンスは好調だし、改善の余地があるので、日曜日にしっかりとポイントを獲得できるように全力を尽くす」

【M/C】