ハミルトン、サインツ、リカルドにペナルティ【トルコGP:パワーユニット】

メルセデスのルイス・ハミルトン【トルコGP/イスタンブール、2021年10月10日(Mercedes-AMG Petronas Formula One Team)】


今季最後の欧州ラウンドである第16戦トルコGPでルイス・ハミルトン(メルセデス)、カルロス・サインツ(フェラーリ)、ダニエル・リカルド(マクラーレン)がパワーユニットを交換し、全員がペナルティを科された。

2021年は各マシンあたり内燃機関(エンジン)、MGU-H、ターボチャージャー、MGU-Kは年間3基、エネルギー貯蔵装置、コントロールエレクトロニクスは年間2基までの使用が認められている。また、今季からエキゾーストにも規定が設けられ、各マシンあたり年間8基まで使用可能となっている。これを超過するとそれぞれの状況に合わせてグリッド降格ペナルティが科される。

グランプリ初日にはハミルトンが内燃機関とエキゾースト、サインツがエキゾーストを含むパワーユニット一式を新しくした。ハミルトンの内燃機関は4基目であり、この使用に伴って10グリッド降格のペナルティが科されている。サインツはMGU-Kとエキゾースト以外が規定数を越えているため、スターティンググリッド後方からのスタートを強いられた。

レース前にはリカルドが内燃機関、MGU-H、ターボチャージャー、エキゾーストを交換。エキゾースト以外が規定数を超過しており、リカルドもスターティンググリッド後方からのスタートを命じられている。

【A】