ペナルティを受けながらも6位入賞したガスリー

アルファタウリのピエール・ガスリー【トルコGP/イスタンブール、2021年10月10日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】


10日(日)に開催されたシーズン第16戦トルコGP決勝レースでアルファタウリのピエール・ガスリーが6位入賞を果たした一方、入賞圏内からスタートした角田裕毅はスピンでポジションを落としたこともあって14位完走にとどまった。

ピエール・ガスリー

「またトップ6でフィニッシュできてすごくうれしい。今シーズンの僕たちのベストパフォーマンスと言ってもいいくらいだよ。特に、これだけ難しいコンディションだったしね。5秒ペナルティを受けながらも、ポディウムと10秒差でのフィニッシュというのは僕たちにとってすごくいい結果だ。ターン1のインシデントはちょっと不運だった。僕はセルジオ(ペレス/レッドブル)とフェルナンド(アロンソ/アルピーヌ)に挟まれてしまって、ほんの少し触れただけなんだけど、アロンソをスピンさせてしまったから、彼には謝りたい。でも、その後のペースはすごく良かったし、今週末のクルマのパフォーマンスには満足している。金曜日からすぐに速さを見せられたのはいい気分だった」

角田裕毅

「すごく悔しいです。トップ10でフィニッシュできるポジションにいられたはずでした。序盤にハミルトン(メルセデス)とのバトルでタイヤを使いすぎてしまい、その後はペースを保つのがすごく大変でした。残念ながら、スピンをしてしまって、それが自分のレースを全部台無しにしてしまいました。インターミディエイトタイヤで多くのラップを走ったことは、僕にとってまた大きな学習の機会となりました。でも、今日はチャンピオンシップでチームを助けるためにどうしてもポイントを取りたかったのでがっかりしています」

フランツ・トスト(チーム代表)

「ここトルコでのレースウイークは極めて成功裏に終わった。昨日の予選は2台ともトップ10で終え、ハミルトンのペナルティによりピエール(ガスリー)が4番手からスタートし、ユウキは9番手からスタートした。残念ながら、ピエールはターン1でアロンソと接触し、5秒のペナルティを受け、最初のピットストップで消化しなければならなかった。しかしながら、彼は7秒後方のノリスから6番手のポジションを守ることができた。今日は難しいコンディションにもかかわらず、彼はピットストップ後も素晴らしい仕事をして、6位を持ち帰ってくれた。これほどの長距離をインターで走ったことはないので、タイヤがどれほど持つのか、どれほど機能するのか、エンジニア側は誰も分らなかった。そのため、いつピットに入れるか判断するのは簡単ではなかったが、特に正しいタイミングでピットインしたピエールに関しては、戦略チームがいい仕事をしたと言うべきだ。ユウキについても、いいスタートができ、素晴らしいパフォーマンスで長い間ハミルトンを抑え、かなりのラップで8番手を維持してくれた。その後、スピンして14番手に下がってしまったのは残念だ。彼にとっては大きな学習プロセスであり、ウエットで走る機会もそれほどないことから、インターミディエイトがどのように機能するのか、こういったコンディションにおけるクルマの挙動を学習したことになる。全般的に言って、この週末、チームは良いパフォーマンスを見せ、コンストラクターズタイトルの5位争いに向けたポイントを得ることができた。これからアメリカに向かうのを楽しみにしている」

【M/N】