ハースF1が2022年もマゼピン、シューマッハのドライバーラインアップ継続を発表

ハースF1のミック・シューマッハとニキータ・マゼピン【ロシアGP/ソチ、2021年9月23日(Haas F1 Team)】


ハースF1チームは2022年のF1世界選手権にニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハのドライバーラインアップを維持したまま臨むことを発表した。スポーツ参戦7年目を迎えるアメリカチームは22歳の若手コンビを継続して来季を迎えることになる。

ミックとマゼピンは共に今年F2からステップアップし、ルーキーシーズンを戦っている。ハースF1は2022年の大幅なルール改革に合わせた新車に全面的にリソースを注ぐため、早々に今季マシンの開発は行わないことを発表し、競争力の劣るマシンでここまでノーポイントと苦しい戦いを強いられている。

また、ドライバー同士の衝突も多く発生しており、チーム代表のギュンサー・シュタイナーはたびたび“今年は2人にとって学習のシーズン”と述べていた。

「2022年のステアリングの後ろには継続性が欲しいとわれわれは以前から思っていた。来年もミック・シューマッハとニキータ・マゼピンがウラルカリー・ハースF1チームのために戦うことになり、それを確定できてうれしい」とシュタイナーはコメントした。「2021年は両ドライバーにとって、F1を学ぶ機会となった。ルーキーとして彼らは今年、それを多く成し遂げた。われわれのパッケージでは間違いなくタフなシーズンではあったが、同時に彼らは2人ともチャレンジを受け入れ、チームと密接に働いてわれわれのプロセスを学び、内部的、外部的な面の両方でF1がもたらす厳しさに適応してきた。2022年に目を向けるにあたり、われわれはチームとして前進できると確信しており、ミックとニキータがF1キャリアにおいて次のステップを踏み出せるようなコンペティティブなレースパッケージを与えられると確信している」

「F1の一員になったことで、僕は自分の夢を実現している」とミックは述べた。「ハースF1との最初の年はとてもエキサイティングで有益だった。これまで得た全ての経験を、来たる年に生かせると自信を持っているよ。新しいテクニカルレギュレーション、ハースF1チーム全体の印象的な大志、そしてフェラーリのサポート――僕は、これが2022年シーズンに僕たちを前方に近づけてくれると信じているし、それによってポイント争いができるようになると信じている。強くなりつつあるチームの一員になるのが楽しみだし、自分たちの前進のために僕の側でできることがあれば何でもしたい。最後に、フェラーリ・ドライバー・アカデミーが僕に継続して与えてくれている信頼と、長年にわたる彼らのサポートに感謝を述べたい」

マゼピンは次のように付け加えている。「来年がすごく楽しみだ。新車もそうだし、単純にハースF1チームで機会が得られたこと、彼らと一緒に成長できるのが楽しみだよ。来年の僕たちはもっと強くなると思っている」

【M】