4位入賞のガスリー、「全てに大満足」

アルファタウリのピエール・ガスリー【オランダGP/ザントフォールト、2021年9月5日(Pirelli)】


5日(日)、シーズン第13戦オランダGP決勝レースに挑んだアルファタウリのピエール・ガスリーは4位でゴールして大量点を持ち帰ったが、角田裕毅はトラブルに見舞われてリタイアを喫している。

ピエール・ガスリー

「4位はアメージングなリザルトだ。これ以上多くを望めたとは思わないし、僕たちにとって大事な12ポイントを手に入れた。ザントフォールトでの72周を本当にエンジョイしたよ。素晴らしいコースだ。今日は楽しかったし、全てに大満足している。クルマはすごく速くて、自分の思い通りにセットアップできた。チームは週末を通して素晴らしい仕事をして、今日の僕たちはまるで飛んでいるみたいだったね! 1年たってモンツァに戻ることにすごくワクワクしている。もちろん、期待はすごく大きいよ。今週末は明らかにパッケージを最大限に生かすことができたから、来週末のイタリアでどんなパフォーマンスを見せられるか興味深い」

角田裕毅

「今日のリザルトにはもちろんがっかりです。PUのデータに問題が見つかり、残念ながらクルマをリタイアさせなければなりませんでした。その時点までは順調にレースが進んでいて、クルマのペースもあったんですが、オーバーテイクは難しかったです。モンツァに期待しましょう。そこはいくらか経験のあるサーキットなので楽しみです。次も今週と同じアプローチでいきます。ゆっくりとペースを上げていき、来週はすべてをうまくまとめたいですね」

フランツ・トスト(チーム代表)

「まず、このイベントの主催者に大きな祝福を送りたい。金曜日から週末を通して、グランドスタンドに集まったファンの皆さんの応援を目の当たりにできたのは素晴らしいことだ。同様に、マックス・フェルスタッペン、レッドブル・レーシング、そしてHondaにも祝福を送りたい。彼らはこのグランプリを支配した。われわれも、ピエール(ガスリー)が素晴らしい仕事をしてくれたので、満足している。チームは彼に強力なマシンを提供できた。昨日の予選でも4番手を獲得し、決勝でもこのポジションをキープしてチェッカーフラッグを受けた。ピエールは本当に良い仕事をした。彼とチームのみんながよくやってくれたおかげで素晴らしい結果を得られた。ユウキについては、レース中にドライブトレインに技術的な問題が発生し、リタイアを強いられた。この問題の原因を調査する必要がある。ここザントフォールトでの素晴らしいレースの後は、モンツァを楽しみにしている」

【M/K】