波乱のレースでダブル入賞を果たしたアルファタウリ

アルファタウリのピエール・ガスリー【ハンガリーGP/ハンガロリンク、2021年8月1日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】


1日(日)に開催されたシーズン第11戦ハンガリーGP決勝レースでアルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅がそろって入賞し、ダブルポイントを獲得した。

レース後にアストンマーティンのセバスチャン・ベッテルが燃料サンプル不足によって失格処分を受けたため、ガスリーと角田の順位は5位と6位に繰り上がっている。

コメントはベッテルの処分が発表される前に出されたもの。

ピエール・ガスリー

「正直、何を考えたら良いか分からないよ。5番手からのスタートで、これはおそらく僕らが獲得できる最高のポジションだった。1コーナーのアクシデントでかなり順位を落として、そのあとは懸命に挽回して6位でフィニッシュした。レース中に起こった全てのことを考慮すれば、もちろんこの場所でフィニッシュできて良かった。でも、もっと良い結果を得られたと思う。予選中はトップチームに続くベストタイムを記録して、マシンにも満足していたから、今週末はポジティブなことがたくさんあった。だけど、明らかにチャンピオンシップで多くのポイントを失ったから残念だよ。それでも、今日の状況では、できる限り最善の結果を得られたと思う。優勝したエステバン(オコン/アルピーヌ)を心から祝福するよ。彼らの戦略は正しかったし、彼は勝者にふさわしい」

角田裕毅

「1周目で5番手に上がれたので、とても満足していました。今週末はずっとマシンに悩まされていましたが、レース中のペースは良かったので、今日はチームのためにポイントを持ち帰れました。僕にとって、レースに至るまでの間は本当に難しい週末でした。だからこそ、夏休みの間に一度離れてリセットして、スパに向けて何をすべきかを検討することで、シーズン後半はコンスタントにポイントを獲得できるようにしたいです」

【K】