2人の3グリッド降格の他はトラックリミットの違反のみ【シュタイアーマルクGP:ペナルティ】

レーススタート【シュタイアーマルクGP/シュピールベルク、2021年6月27日(Getty Images / Red Bull Content Pool)】


シーズン第8戦シュタイアーマルクGPでは2人のドライバーに3グリッド降格のペナルティが科された。

メルセデスのバルテリ・ボッタスはグランプリ初日にピットレーンでスピンを喫した件がピットレーンでの危険な走行と判断され、3グリッド降格とペナルティポイントを言い渡されている。

また、予選ではアルファタウリの角田裕毅がボッタスの走行の阻害し、こちらにも3グリッド降格とペナルティポイントという裁定が下された。

それ以外にスチュワードが取り沙汰したのはトラックリミットの違反によるタイム抹消のみだった。

シュタイアーマルクGPの週末を通してスチュワードが審議し、何らかの処分を下したインシデントおよびペナルティの詳細は以下の通り。

シュタイアーマルクGP初日:6月25日(金)

【金曜フリー走行1回目】

◆ターン9のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン9でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム]

11時37分46秒 31. エステバン・オコン(アルピーヌ)/1分07秒809
11時42分01秒 14. フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)/1分07秒278
11時55分52秒 14. フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)/1分06秒475
11時57分39秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分08秒835
12時16分14秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分12秒590

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

◆ターン10のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン10でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

11時40分28秒 33. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分06秒649、ピットレーン
11時40分51秒 10. ピエール・ガスリー(アルファタウリ)/1分06秒979、1分47秒206
11時42分18秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分06秒987、ピットレーン
11時44分40秒 14. フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)/1分07秒182、ピットレーン
11時50分46秒 55. カルロス・サインツ(フェラーリ)/1分07秒518、1分43秒978
12時00分01秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分06秒914、ピットレーン
12時02分58秒 77. バルテリ・ボッタス(メルセデス)/1分06秒155、ピットレーン
12時08分37秒 10. ピエール・ガスリー(アルファタウリ)/1分06秒547、ピットレーン
12時14分32秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分11秒003、1分10秒616
12時18分08秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分10秒025、1分09秒992
12時22分49秒、12時23分59秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分10秒987、1分10秒847、1分10秒750

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

【金曜フリー走行2回目】

◆ターン9のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン9でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム]

15時10分56秒 14. フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)/1分06秒700
15時17分25秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分07秒315
15時37分53秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分12秒690
15時40分28秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分09秒456
15時48分41秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分11秒674
15時53分11秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分11秒128

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

◆ターン10のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン10でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

15時12分12秒 99. アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ・レーシング)/1分06秒861、ピットレーン
15時22分42秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分06秒207、ピットレーン
15時25分45秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分05秒335、1分44秒194
15時41分53秒 14. フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)/1分09秒663、1分09秒865
15時47分36秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分09秒430、1分09秒936
15時48分32秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分10秒432、1分10秒627
15時50分17秒 33. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分09秒461、1分09秒469
15時51分39秒 22. 角田裕毅(アルファタウリ)/1分11秒199、1分10秒509
15時55分40秒  5. セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)/1分11秒136、1分10秒153
15時55分57秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分28秒304、1分10秒196
16時00分15秒 22. 角田裕毅(アルファタウリ)/1分11秒046

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

◆バルテリ・ボッタス(メルセデス)
違反内容:ピットレーンでの危険な走行、FIA F1スポーティングレギュレーション第27条4項に違反
裁定:3グリッド降格、およびペナルティポイント2点(12カ月有効)
裁定理由:スチュワードはレースディレクターの報告を受けて当該ドライバー(ボッタス)とチーム代表者を招集し、状況を確認した。スチュワードはカーナンバー77のドライバー(ボッタス)およびチーム代表者から話を聞くとともに、映像証拠を確認している。

ボッタスが指定されたピットストップのポジションから離脱した際、ファストレーンに向かうにあたってマシンのコントロールを失った。オーバーステアに見舞われてスピンを喫し、マクラーレンのピット付近のファストレーンを横切るようにストップした。

聴取の間、ボッタスは過去にピットの離脱時にタイムロスを経験していたと明かしている。それがゆえに、彼らは新しいことを試そうと、セカンドギアで離脱しようとした。結果として、予想を超えるホイールスピンが発生し、予期せぬ結果に至った。したがって、ファストレーンに向けてマシンを適切にコントロールできなかった。本件は、とりわけピットレーン周辺にいた関係者にとって、危険性のあるドライビングだったと考慮されるべきである。

ボッタスの累積ペナルティポイント:2ポイント(2021年6月25日時点)

シュタイアーマルクGP2日目:6月26日(土)

【土曜フリー走行】

◆ターン9のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン9でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム]

12時03分53秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分11秒322
12時07分27秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分11秒330
12時14分13秒  7. キミ・ライコネン(アルファロメオ・レーシング)/1分06秒778
12時20分42秒 55. カルロス・サインツ(フェラーリ)/1分06秒817
12時44分27秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分12秒872
12時53分36秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分05秒398

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

◆ターン10のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン10でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

12時07分31秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分11秒330、ピットレーン
12時15分20秒 14. フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)/1分06秒980、1分51秒800
12時23分09秒 22. 角田裕毅(アルファタウリ)/1分06秒387、1分48秒779
12時26分09秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分07秒033、1分57秒470
12時44分15秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分05秒228、2分04秒414
12時44分30秒 47. ミック・シューマッハ(ハースF1)/1分06秒116、2分04秒787
12時58分31秒 33. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)/1分04秒570、1分41秒204

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

【予選】

◆ターン9のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン9でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム]

15時04分13秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分07秒229
15時39分45秒 55. カルロス・サインツ(フェラーリ)/1分04秒711
16時00分26秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分06秒385

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

◆ターン10のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン10でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

15時11分26秒 10. ピエール・ガスリー(アルファタウリ)/1分04秒827、ピットレーン
15時39分41秒 22. 角田裕毅(アルファタウリ)/1分04秒656、ピットレーン
15時40分13秒 18. ランス・ストロール(アストンマーティン)/1分04秒775、ピットレーン
15時40分20秒  5. セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)/1分04秒711、ピットレーン

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

◆角田裕毅(アルファタウリ)
違反内容:カーナンバー77(バルテリ・ボッタス/メルセデス)、FIA F1スポーティングレギュレーション第31条5項に違反
裁定:3グリッド降格、およびペナルティポイント1点(12カ月有効)
裁定理由:スチュワードはカーナンバー22のドライバー(角田)、カーナンバー77のドライバーおよび、各チームの代表者から話を聞くとともに映像証拠を確認した。

カーナンバー22はファストラップを完了したばかりで、インラップ中であることをチームから知らされていた。チームはカーナンバー22に対し、ファストラップ中のカーナンバー77がアプローチしていることを警告していなかった。カーナンバー77はターン4のエントリーでカーナンバー22に接近した。カーナンバー22はレーシングラインを走っており、アウト側に向けてレーシングラインを外れようと動いてはいたものの、不必要にカーナンバー77を妨げた。スローラップ中に速いマシンを認識しておくことはすべてのドライバーの責任である。チームは速いマシンが接近していることを把握できるようドライバーを支援すべきだが、コミュニケーション不足があったからといって当該ドライバーの弁解にはならない。

角田の累積ペナルティポイント:2ポイント(2021年6月26日時点)

シュタイアーマルクGP決勝:6月27日(日)

【決勝】

◆ターン9のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン9でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム]

15時08分52秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分09秒865
15時36分49秒 22. 角田裕毅(アルファタウリ)/1分10秒925
15時37分20秒  9. ニキータ・マゼピン(ハースF1)/1分11秒708
16時24分48秒 22. 角田裕毅(アルファタウリ)/1分10秒426

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

◆ターン10のコース逸脱によるタイム抹消
違反内容:ターン10でコースを逸脱、FIA国際スポーティングコード附則L第4章2項(c)ならびに第12条2項1号(i)、およびレースディレクターの指示書第21条に違反
裁定:FIA国際スポーティングコード第12条4項1号eおよびFIA F1スポーティングレギュレーション第31条4項に基づくタイム抹消

[違反時間 カーナンバー. ドライバー(コンペティター)/抹消タイム、翌周の抹消タイム]

15時11分22秒  4. ランド・ノリス(マクラーレン)/1分10秒987、1分11秒203
16時00分22秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分09秒518、1分09秒411
16時03分51秒 16. シャルル・ルクレール(フェラーリ)/1分09秒968、1分10秒244
16時08分14秒 44. ルイス・ハミルトン(メルセデス)/1分08秒969、1分09秒001
16時19分06秒  7. キミ・ライコネン(アルファロメオ・レーシング)/1分09秒813、1分10秒153
16時21分25秒  5. セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)/1分10秒273、1分11秒239

裁定理由:スチュワードは映像を確認し、レースディレクターからタイミングインフォメーションを受け取った。上記マシンはコースを逸脱した。このペナルティはレースディレクターの指示書第21条(第12条2項1号[i]参照)、およびFIA国際スポーティングコード第12条4項1号eに基づいて適用されている。

【A】