ノリスの累積が8ポイントに、ラティフィに3点加算【アゼルバイジャンGP:ペナルティポイント】

マクラーレンのランド・ノリス【アゼルバイジャンGP/バクー、2021年6月6日(McLaren)】


シーズン第6戦アゼルバイジャンGPではマクラーレンのランド・ノリスとウィリアムズのニコラス・ラティフィに3点ずつのペナルティポイントが科された。

これにより、ノリスの累積ポイントは8点になっており、現状で最もスーパーライセンス停止に近い状態だ。ラティフィは今回がここ12カ月で最初のペナルティポイントだった。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12カ月有効。累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できない。

【A】