マクラーレン株主でTAGグループ総帥のマンスール・オジェが逝去

マンスール・オジェ【McLaren】


マクラーレンの株式を25%保有し、TAGグループ総帥としても知られるマンスール・オジェが天に召された。

アゼルバイジャンGP決勝レースを控えた6日(日)、声明を発表してオジェの死を明かしたマクラーレンは「本日朝、ジュネーブにてオジェ氏は家族に見守られながら、安らかにこの世を去りました」と述べている。

「1984年以来、マクラーレンの株主だったマンスール・オジェが逝去したことをお知らせすることになり、マクラーレン・レーシングは深い悲しみに包まれています」

「マクラーレン・レーシング一同、オジェ氏の死を悼み、ご家族の皆さまに心からお悔やみ申し上げます」

また、別途、追悼のメッセージを発表したマクラーレンCEOのザク・ブラウンは声明の中で次のように話した。

「マンスール・オジェの逝去はマクラーレン・レーシングの全員に大きな衝撃を与えています。マンスールの存在は40年近くにわたってこのチームの心と魂に刻み込まれ、その成功に欠かせない存在でした。あらゆる意味で真のレーサーだったと思っています。非常に競争的で決断力があり、情熱的、そして何よりも彼を特徴づけるスポーツマンシップにあふれていました。どんなに激しい戦いでも、マンスールは常にスポーツを第一に考えていたのです」

「マンスールはわれわれのスポーツの巨人でありながら、謙虚で気取らず、出会う人々すべてを魅了してきました。彼の穏やかな物腰、鋭くウイットに富んだ温かいユーモアは彼を知る幸運な人々、そのすべてに感動を与えました」

「チームに対する彼の愛情は誰の目にも明らかであり、マクラーレンで働く特権を得た私たち全員が、逆境に立ち向かい、巻き返す方法を個人的なレベルで示してくれた印象的でありながら謙虚なマンスールのことを、人々の父親のような存在として永遠に忘れないことでしょう」

「彼は生前と同じように、マクラーレンをはじめ、それ以外の人々も含め、すべての人にインスピレーションを与える存在であり続けるはずです。マンスールの遺産は確かなもの。このチームにはそれが織り込まれており、これからもずっと続いていきます。われわれは、彼が望んだように、これまで以上に強い決意を持ち、彼の記憶とレガシーを永遠に心にとどめながらレースを続けていく所存です」

「マクラーレン・レーシング一同、ご家族の皆さまに心よりお悔やみ申し上げます」

【C】