大きく改善して3番手に食い込んだハミルトン

メルセデスのルイス・ハミルトン【アゼルバイジャンGP/バクー、2021年6月5日(Mercedes-AMG Petronas Formula One Team)】


5日(土)、シーズン第6戦アゼルバイジャンGP予選に挑んだメルセデスはルイス・ハミルトンがフリー走行の不調を改善して2番手に食い込むも、バルテリ・ボッタスは流れを変えきれずに10番手にとどまった。

土曜フリー走行はハミルトンが3番手、ボッタスは13番手に終わっている。

ルイス・ハミルトン

「厳しい状況の中で、あのラップができて本当にうれしく、感激しているよ。この結果はまったく予想してなかったし、この週末は信じられないほど苦戦していたから、記念すべき結果だ。僕たちは冷静さを失わず、裏では厳しい会話を続け、お互いに挑戦し合い、決して“ノー”とは言わなかった。今日はFP3から予選にかけて最高のジャンプができた。FP3の最後で手がかりを見つけて、その方向にプッシュしていったんだ。とても難しく、ファクトリーでは昨晩から今日にかけて、本当に多くの仕事に取り組んでくれた。みんな満足してくれるといいけど、まだ明日も仕事がある。僕たちは1ラップのペースよりもレースペースの方がずいぶんいい。1ラップではかなり遅れているけど、レースペースではかなり接近している。なぜなのか分らないけど、明日は他のチームと戦えると思いたいね」

バルテリ・ボッタス

「この週末ずっとペース不足に悩んでいて、僕は限界で走っているけどまったくペースが出ないから、最終的には何かがおかしいんじゃないかと思う。これ以上プッシュすると壁に突っ込むよ。どちらが先にガレージを出るか、毎レース交互に決めることになっていて、今週はルイスの番だった。だからQ3の1回目のランで彼は僕のトウを使い、2回目のランで僕はシャルル(ルクレール)のトウを使おうとした。でも赤旗が出て僕のフライングラップは中止になった。明日は難しくなるけど、ここでのレースは何があってもおかしくないのは分っている。かつて僕は1ラップダウンから上位でフィニッシュしたことがあるからね。今晩は僕にできることを全て理解するようにして、明日の戦いに備えるよ」

クリスチャン・トト・ウォルフ(チーム代表兼CEO)

「ブラックリーとブリックスワース、そしてここのエンジニアたちの成し遂げた仕事は素晴らしいよ。彼らは驚くべきプログラムを組み立て、われわれはそれを正確にクリアしていった。一連の実験を行い、いくつかは役に立ち、いくつかはそうでなかったが、疑問に対する答えを得て、良いマシンを作ることができた。昨日のロングランは順調で、レッドブル勢と同様のペースだったので、明日は良いリザルトを得るチャンスがそれなりにあると考えている」

アンドリュー・ショブリン(トラックサイドエンジニアリングディレクター)

「このセッションに臨むにあたり、フロントローにマシンをつけられるとはまったく予想していなかった。しかし、ルイス(ハミルトン)はわれわれの持てる全ての力を出し、非常に印象的なラップタイムを出し続けてくれた。彼は朝のセッションでフロントエンドからより良いフィーリングをつかみ、予選でそれを生かすことができたのは勇気づけられる。バルテリ(ボッタス)にとっては最初から難しい週末になっている。どのようなセッティングを施しても彼のクルマにはルイスほどのグリップがなく、どこに問題があるのか詳細に調べる必要がある。明日のレースは面白くなるはずだ。金曜日のロングランではまずまずのペースがあり、レースにおいてはコース上の順位と同様に、ペースとデグラデーションが大切だ。ここのレースではセーフティカーや赤旗が出る可能性が高く、何があってもおかしくはないが、両ドライバーとも順位を上げることを期待したい」

【N/M】