アントニオ・ジョビナッツィ

Antonio Giovinazzi

出身イタリア
生年月日1993年12月14日 (27歳)
参戦42
ポイント18
優勝0
表彰台0
ソーシャルメディア
F1戦績
チームランキング
2017ザウバー22位
2019アルファロメオ・レーシング17位
2020アルファロメオ・レーシング17位
2021アルファロメオ・レーシング-

プロフィール

アントニオ・ジョビナッツィは1993年12月14日、イタリアのマルティーナ・フランカに生まれる。2006年からカートを始め、同年のイタリア・ナショナル・カップおよびヨーロッパ選手権60ccクラスで優勝した。19歳でシングルシーターに移り、2012年は中国のフォーミュラ・ピロータに参戦し6勝を挙げて優勝。2013年はイギリスF3選手権で総合2位につけた。同時にFIAヨーロッパF3選手権にも参戦し、翌年には2勝を挙げてランキング6位、2015年は6勝してランキング2位に浮上している。2016年、プレマからGP2 にデビューし、優勝5回に加えて表彰台3回を獲得しランキング2位につける。2017年からフェラーリのサードドライバーとして契約を結んだ。

2019年、ジョビナッツィはフェラーリのパワーユニットを搭載するアルファロメオ・レーシングからレギュラードライバーとしてF1デビューを果たす。シーズン開幕から予選、レースともに苦戦し、10位に入った第9戦オーストリアGPでようやく初入賞を遂げている。第14戦イタリアGPで9位、第15戦シンガポールGPで10位入賞するも、それ以外のレースでは後方で苦戦するシーンが目立った。第20戦ブラジルGPでは12番グリッドからジャンプアップして入賞圏内を好走。タイヤ戦略も決まり、自身最高位の5位を獲得する。最終的なランキングは17位で、「予選でもレースでも、1年を通じて自分の成長には満足しているし、これからさらに成長するのを楽しみにしている」と1年を振り返った。

ジョビナッツィは2020年もアルファロメオでシーズンを戦った。この年のアルファロメオのマシンは相対的な競争力があまりなく、厳しい戦いが予想されたが、開幕戦オーストリアGPを9位でゴールし、幸先良くポイントを獲得。その後はグリッド後方からの苦しいレースが続くも、シーズンを折り返すといいレースを見せる。第10戦ロシアGPで11位、第11戦アイフェルGPで10位、第13戦エミリア・ロマーニャGPではグリッド最後尾からオープニングラップで6つ順位を上げ、最後は10位でゴールした。ジョビナッツィは最終的に4ポイントを獲得し、前年と同じランキング17位でシーズンを終えたが、「個人的には、今シーズンの目標だったドライバーとしての向上ができたことに満足しているから、来年もこの調子で続けていきたい」と語った。

関連記事

F1
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネン【エミリア・ロマーニャGP/イモラ、2021年4月18日(Alfa Romeo Racing ORLEN)】

2戦続けてのポイント争いをポジティブにとらえるライコネン

18日(日)に開催されたシーズン第2戦エミリア・ロマーニャGP決勝レースでアルファロメオ・レーシング...

F1
アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィとハースF1のニキータ・マゼピン【エミリア・ロマーニャGP/イモラ、2021年4月17日(Pirelli)】

「僕のラップを台無しにした」とマゼピンに怒り心頭のジョビナッツィ

17日(土)、シーズン第2戦エミリア・ロマーニャGP予選でアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネ...

F1
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネン【エミリア・ロマーニャGP/イモラ、2021年4月16日(Alfa Romeo Racing ORLEN)】

ライコネン、「もう少しマシンのパフォーマンスを上げたい」

シーズン第2戦エミリア・ロマーニャGPが幕を開けた16日(金)、アルファロメオ・レーシングのアントニ...

F1
アルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネン【バーレーンGP/サヒール、2021年3月28日(Alfa Romeo Racing ORLEN)】

ライコネン、無得点も昨季に比べれば確実に「一歩前進している」

28日(日)、シーズン第1戦バーレーンGP決勝レースに挑んだアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコ...